野菜を全く食べない子供が好きに変化した!ほんの小さなキッカケとは

スポンサードリンク

子供の食べ物の好き・嫌いには、ホントに悩まされますよね。

特に、野菜が苦手で食べない子供には、毎日の献立にも気を遣いますし、なんとか食べて~と願うような気持ちになります。

いろんな工夫をこれまでやってはきたけれど、どれも効果はなかった・・・なんてこともあるかもしれません。

家庭内で困ることももちろんですが、幼稚園や小学校で給食が始まると余計に心配してしまいますよね。

今日は、あるコトをキッカケに、小学5年生で野菜を食べない子供がだんだん好きになっていった、ほんの小さなキッカケを書きたいと思います。

スポンサードリンク

幼稚園のころには、野菜を食べなかった

我が家の子供が通った幼稚園は、3年保育で、年少組から給食がありました。

年少組なので、まだ3歳児クラス。まだまだ、幼稚園生活に馴染めずお家が恋しい子供やお友達に興味はあるけど、なかなか輪に入れない子供など、個性豊かな可愛らしい年代です。

そんな、慣れた家庭環境から集団生活に突入したばかりの子供たちですから、給食の時間もそれはそれは大変な時間です。

手洗いからエプロンを着て、配膳のお手伝い、「いただきます」のご挨拶、3歳児が先生のお話を聞いて実行することは難しいことでもあります。

そして、やっと給食!でも・・・

パクパクなんでも食べられる子供もいれば、嫌いな野菜があると食べない子供もいます。

牛乳・お肉・お魚が嫌いで食べない子供もいたり、家庭の味と違うので違和感を感じて食べない子供もいます。

しかし、先生の指導や周りのお友達に刺激を受けたりしていくうちに、徐々に改善する子供が増えていきます。

そんな幼稚園で集団生活を一緒に始めた、わたしの子供と同じ年のある男の子がいました。

ともくん(仮名)という笑顔のかわいい子です。

ともくんは、給食が始まったころには、野菜を食べませんでした。お肉は好きでしたが、魚・野菜はほぼ食べません。

だから、給食の時間はいつも最後まで、座っていました。

でもそんなともくんも、年長組にもなると、給食の味にも慣れ、先生と一緒に頑張ったかいもあって、年少組の頃よりは食べる量も増えていました。

野菜を食べない子供が好きになったキッカケ

小学校に入学したともくんは、給食の時間はやはり最後まで座っていることが多かったです。

この頃には、おいしく食べられるものもありましたが、野菜はほとんど食べないという状態です。

学校給食は栄養のバランスはもちろんですが、地元の野菜を取り入れた、体に良いものです。

ともくんは、きっと何度も何度も、先生やお家の人に教えてもらい、よ~く理解しているはずなのです。

そんなともくんに、ある変化が訪れます。

それは、「家庭科の調理実習」です。

5年生になったともくんは、家庭科の調理実習で、「サラダ」を作りました。

ゆで卵、ゆで野菜をお皿に盛り付けました。

おなじ班のお友達との作業が楽しかったし、自分で作ったそのサラダが、ともくんにとって大きな喜びだったようです。

そして、あんなに食べなかった野菜を自分から食べ・・「おいしい!!」と笑顔とともにあふれ出てきました。

その後、ともくんは、家でも家族にサラダを作ってあげたそうです~

家庭科の調理実習での経験がキッカケで、野菜が食べられるようになったともくん。

あれから、数か月がたちましたが、今では給食の野菜も残さず食べるようになりました。

それどころか、給食をピカピカに食べてしまい、一番早くお昼休みに突入することもしばしば^^

そこにはもう、一番最後まで座ってる、給食嫌いなともくんの姿はありません。

野菜は食べないという思いこみ?

ともくんのように、ほんの小さなキッカケで、今までのことが嘘のように克服できることもあるんですね。

だとすれば、「食べられない」というわけではなく、「食べられない」という認識がいつの間にか「食べない」ということに繋がることもあるのかなとおもいました。

また、ともくんの話を書きながら、数年前になりますが

幼稚園や小学校くらいの子供で、大好きな絵本にでてくる美味しそう~なお料理を一緒に作ると、嫌いなものを食べるようになったと聞いたことをおもいだしました。

野菜を食べないとあまり重たく受け止めすぎず、一緒に料理をしてみるとか、野菜を育ててみたりするなどのキッカケを探るのもいいかもしれません。

野菜を「食べさせなければ」というよりも、野菜を食べることと別の角度から親しませることで、興味を持たせてもいいですね。

おわりに

子供の好き嫌いは親も心配してしまいますよね。

特に、野菜を食べないとなると、給食や、おとなになって外食するにも本人が困ると思うので。。

我が家の長男も、野菜を食べないこともないのですが、そんなに好きではないようです。

そんな長男も中3になった今年の春、なにを思ったのか突然庭に野菜を育てると言い出しました。

初めて、土を耕し、肥料をやり、ナスとトマト、枝豆の苗を8本ほど植え、プランターにも大葉・ネギ・ミニトマトを植えて育てました。

予想以上に収穫でき、家族で喜んでいただきました^^もちろん本人もちゃ~んと食べていましたよ~

やはり、何かキッカケがあると、人って変わるものなんですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする