寒い日に勉強する場所はこたつのあるリビングがいい?中3息子がやっていた移動術を紹介

スポンサードリンク

勉強するなら、リビングが良い!と言われ始めてもう随分たちます。

ウチの中3の長男が、学習机を購入してはや十年。十年前には、もう勉強はリビングでするといいですよーなんて、雑誌にも取り上げられていました。

なので、わたしも長男の机をリビングに置いていましたね~

小学生のころは、目が届きやすいという利点もあり、本人も部屋への移動がないので、学校の準備もしやすかったです。

しかし、中学生になり、自分の部屋で勉強するということで、学習机は2階の長男の部屋へ移動。

まー、思春期ということもあり、小学生のころのように、親のそばで勉強する・・・なんてことはなくなりました。

少しずつ、親離れしているのだなあと、嬉しいような、少し寂しい気持ちもありました。

そんな長男も、速いもので中学3年生。高校受験がいよいよ迫ってきています。

ある寒い日の夜、久しぶりに、勉強道具を持って長男がリビングにやってきました。

スポンサードリンク

オレ、こたつで勉強やるよ

リビングにやってくる前まで、2階の自分の部屋で勉強をしていましたが、急に寒くなり暖房はリビングにあるこたつのみでした。

どうも、長男の部屋が寒かったようで、自分からやってきました。

わたしはとっさに、「こたつで勉強すると、眠くなるんじゃない?」と言いました。

しかし、「勉強やるよ」の言葉にめっぽう弱い母。あっさり、「どうぞ~」と返事をしました。

というのも、長男はこたつで温まると、すぐに眠ってしまうので、絶対「寝るな」と思っていたのですが、およそ40分後、また部屋に戻っていきました

リビングのこたつと部屋を移動して勉強

部屋に戻るとき、ボソッと「眠くなりそうだから、部屋に行く」と言っていきました。その後は、部屋で就寝。

長男は自分で「眠くなる」ことを自覚しているようで、その対策として移動することを考え付いたようです。

それからというもの、基本部屋で勉強⇒寒くなるとリビングに移動してこたつで勉強⇒リラックスして眠くなる⇒また部屋に戻って勉強するというかんじで、移動しながらやっています。

今のところ、こたつで勉強する時間は、1時間弱くらいです。

このやり方がはたして良いのかどうかはわかりませんが、本人が決めたことなので見守っています。

リビングのこたつで勉強する時の注意点

兄妹にも協力してもらう

リビングは家族が集まる場所なので、多少の生活の音や声がするのは当たり前ですよね。

受験生だからといって、そんなに気を遣ってはいません。

だけど、ウチには小学生の妹がいますので、少しだけ協力してもらっています。

それは、テレビを消すこと。ほかには、ゲームをするときは、音を小さくすること

今のところ、気持ちよく協力してくれていて、助かっています。

部屋にタブレットやスマホは置かない

子供たちの部屋には、タブレットやスマホ・ゲームは置いていません。

これは、我が家のルールでずっと前からそうしているのですが、受験を控えた今では良かったとおもっています。

こたつで勉強する時の注意とは少し違いますが、スマホやゲームをついつい使用しはじめたら、部屋の寒さなんて耐えてしまうほどに夢中になりかねません。

スマホやゲームがあると、単に気が散ってしまうということまりますが、自分の勉強しやすい環境も考えられないかもしれません。

部屋の環境がシンプルなほうが、自分でとる行動もシンプルになり選択しやすくなるようです。

長男が、部屋とリビングのこたつを移動しながら勉強する方法を思いつき、やってみたことは、シンプルな部屋の環境が少なくとも影響しているのだと思いました。

おわりに

寒い日のこたつは、暖かくて、ホッとしますよね。

そんな、リラックスする場所で長時間の勉強はついだらけてしまったり、椅子に座ることに慣れている人なら、床に座る姿勢を長時間維持するのはかえって疲れることもあるかもしれません。

しかし、自分で上手く調節できれば、こたつを使用しても効果的に勉強ができそうです

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする