車購入時の必要書類は人によって違う!?その意外な取得方法とは?

スポンサードリンク

車を買うぞ~っと決意したのはいいけれど、その瞬間から考えることが山のように押し寄せてきます。

今日は、やっと納得のいく車が決定した後の手続きを、

少しでもスムーズに行うためのポイントをまとめてみました。

車はやはり大きなお買い物ですし、

なるべく失敗しないで、スムーズに手続きまで完了したいものです。

スポンサードリンク

車購入の際の自分で準備する必要な書類とモノ

1 自動車保管場所証明書(車庫証明書)

 購入した車の駐車場が決まったら、車庫証明の申請が必要です。
 多くの場合、販売店が代行してくれます。手数料がかかります。
 もちろん、自分で申請から取得まですることもできます。
 警察署に出向く必要があり、取得まで数日から1週間ほど時間がかかります。
 

2 印鑑証明書

 車を購入時には、発行してから3ヶ月以内のものが必要です。
 印鑑登録をしていない方は、まず印鑑登録をしましょう。
 ちなみに、シャチハタのような簡易的なものは役所では認められないようです。
 理由は、車や家など高額なものを購入する際に必要な印鑑が、
 シャチハタのようなものだと危険が伴う可能性があるからです。
 だから、自分のオリジナルの印鑑をハンコ屋で作り、
 市区町村役場で印鑑を登録しましょう。

3 実印

 委任状に実印を押印するのに必要です。
 委任状とは、車の登録などに関する手続きを販売店に代行してもらうときに
 必要な書類となります。この書類は販売店が用意してくれているので
 内容を確認して署名と実印を押印します。
 ちなみに、実印とは、2で印鑑登録した印鑑のことです。

住民票が必要なことも

 車の購入の場合、印鑑証明書が必要なのですが、住民票で可能な場合もあります。
 これは、所有者名義によって異なりますので、しっかりご確認ください。

必要書類はいつから準備すればいいのか

販売店でお気に入りの車の購入が決定したら、いよいよ購入手続きに入ります。

ここまで来たら、あとは出来るだけスムーズに手続きを完了させたいところです。

販売店の営業の方から、必要な書類とモノについて詳しく説明があるはずですので

それから準備をはじめても大丈夫です。

その時、注意しておきたいことは・・・

必要な書類が「何のために、何枚必要なのか」把握しておくこと です。

これは、新車の購入と中古車の購入での違いであったり

代金の支払い方法などで、必ずしも1通だけ必要とは限らないからです。

ですので、例えば

新車の購入で販売店用に印鑑証明が1通

ローンを組む為、ローン会社用に印鑑証明書が1通

といったように、「○○用に●●が1通」と把握することが大切です。

特に、印鑑証明書のように「発行してから3ヶ月以内のもの」であれば

早めに用意しても、期限が切れたら無駄になってしまいますし

もう1通必要になれば、再び役所に行くことになってしまいます。

ですので、契約を急ぐ場合は早めに必要書類を確認した上で準備したほうが良いでしょう。

土日に必要書類を準備する方法

車を購入の際に必要書類である、印鑑証明書。

これは、お住いの市区町村の役所で交付してもらうわけですが

平日都合が悪くてなかなか役所に行けない!という方も多いと思います。

現在は、東京や大阪などの大都市圏では「土日・祝日」に交付できる

ようになっていますが、地方ではまだできないところもあります。

そんな困ったときの解決策をご紹介します!

コンビニでも交付できる

住民基本台帳カード・マイナンバーカードがあれば印鑑証明書だけでなく

住民票の写しなどもコンビニで取得できるサービスがあります。

年末年始を除く、毎日6時30分~23時まで利用可能。

私はまだ利用したことがないのですが、ぜひ一度利用してみたいですね。

早朝や夜遅くに利用できるなんて、忙しい人には有り難いですよね^^

※全国全てのコンビニで利用ができるというわけではありません。

しかし、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・サークルKサンクス

の多くの店舗では利用可能のようです。

でも・・ちょっとコンビニでは抵抗がある・・という方は

役所にお問い合わせすれば、教えてくれるハズですし

インターネットで検索してみるものおススメです。

「○○市 印鑑証明書 土日」

とあなたのお住まいの地域名で検索してみてください。

市民カードを使って自動交付機で取得できるところもあれば

事前に電話予約をしておいて、土日に取りに行くところなど

地域によって違いがあるようです。

おわりに

車を購入時の必要書類について調べてみました。

度々購入するものではないので、分かりにくいことや戸惑うこともありますが

書類一つとっても、「どういった理由で必要なのか」

しっかり確認し、理解することがポイントです。

必要書類は、新車と中古車、支払い方法、下取りなどにより

一人ひとり異なりますので、自分に必要なものは何かを丁寧に教えてくれる

販売店を選ぶことも大切かもしれません。

あとは、土日の書類交付サービスなども利用して、スムーズに必要書類を用意する流れ

を実行すれば、慌てずに納車を迎えられそうですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする