ピアノ購入で子供も親も納得したおすすめの方法はレンタルだった!?

スポンサードリンク

数多くある習い事の中で、人気があるピアノ。

ピアノを習うことを決めたのはいいけど、ピアノの購入をどうするのか?

悩むところですよね。

予算・維持費・住宅事情・・そして何より、

「いつまで続くのか分からない・・・」というモヤモヤした気持ち。。

今回はごく普通のサラリーマン家庭のピアノド素人な両親が、

モヤモヤ悩みながらのピアノ購入までの道のりとその後をまとめてみました。

ピアノをいつ購入したのか

ピアノ購入の際、一番重要だったなと思う人のこと

モヤモヤを解消したおすすめのレンタル購入法

忘れてはいけない維持費

7年経ったけど、良かったのか?悪かったのか?

振り返りながら、お伝えしていきます!

スポンサードリンク

ピアノの購入でおすすめの方法はレンタル!?

子供をある楽器店の音楽教室に通わせることに決め、すぐに中古ピアノを購入した我が家。

お店にあるピアノを見せて頂き、説明を受け、

子供が気に入ったピアノのお値段がナント・・・36万円!

もう少しお手頃価格のものもありましたが、、

そうきたか!って感じでした^^

しかし、そのお店には、レンタルというシステムがありました。

最短のレンタル期間が1年。

1年経過後はいつでも返却できる。

そして、そのまま購入することも可能。

しかも、1年間支払った料金は購入代金に充てられる。

といったものでした。

結局我が家は、確か・・3年半ほどレンタル料を払い続け購入となりました。

ですので、習い始めて3年半は、レッスン料+レンタル料が毎月かかり、

それはそれで大変でしたが

ダメだったら返却できるし、諦めもつくとおもい、

気負わずレッスンさせてあげられましたし

初めからピアノに触れさせてあげられたことの満足感が大きかったです。

レンタル料の負担も大きかったのですが、

せっかく頂けている児童手当をこの期間は充てることにしました。

維持費について

ピアノは大きなお買い物ですが、

せっかく購入したらきちんと維持することも忘れてはいけないです。

今のところ、修理のようなことはありませんが

調律を1年に1度お願いしています。

1回・15000円くらいなので、ひと月1250円の計算になります。

この金額でピアノが長く使えるならいいですよね^^

調律の後は、ピアノが元気になったような、そんな気がいつもしてます^^

まだ年中さんで初めての習い事だったし、

続くかどうか?興味を持つのか?分からない状態だったので

ピアノを購入することは不安しかありませんでしたが、

このシステムのおかげで、随分モヤモヤは解消され

気負わずレッスンを見守ることができました。

そして、ピアノを習うにあたり、私の中で決め事を作りました。

最短のレンタル期間の1年間は、なんとか辞めずに楽しく続けられるようにしよう

ということ。

・1年後くらいに、本人が楽しめず、負担になるようなら、潔く諦めてピアノも返却する。

・1年後も続きそうならば、小学校入学前までは続けられるようにする。

 

小学校入学後は、生活も変わり忙しくもなりましたが、6年生になった今も続いています。

ピアノ購入時に重要な人物とは

音楽・ピアノド素人で知識がない親が、子供のためとはいえ

ピアノを購入するこは、結構ハードルが高いです。

だからこそ、アドバイスしてくださる方ってとっても重要だったんです。

我が家の場合、それはピアノの先生でした。

習い始める前、両親はピアノ経験者ではないこと、ピアノを購入するべきかどうか迷っていることはお伝えしていました。

すると先生は、

できるならば初めから、キーボードや電子ピアノではなく、ピアノを触れさせてあげるといいですよ~

と、それだけ教えてくださいました。

子供にとっていいことを、シンプルに言って頂き、単純に納得しましたね^^

先生が、私たちの不安な気持ちも十分理解してくれている気遣いと

まだこれからどのようにピアノと関われるか未知な子供に対しての

責任のようなものも感じました。

あの時、この先生にお願いして良かったなと思えてからは

ずっと、子供は先生におまかせです!

親も素直にアドバイスを受けられる先生というのは、重要なポイントです。

もし、あのとき、メーカーやら金額やら・・ドドーっと言われたら

ちょっとわたしは、ビビッてしまって購入できなかったかもしれません。

7年の月日が流れて

年中さんだった子供も、もう6年生になりました。

まだ4歳だった子供に、ピアノを購入して良かったのかどうかですが

我が家は、良かった!!の即答です。

特に、音楽の道を目指すというわけでも、恐らくなさそうですし

中学生くらいで辞めるという決断を本人が出すかもしれません。

辞めてしまえば、もう今のようには弾けるようにはならないでしょう。

それでも、良かったです^^

始めた頃は、辞めたらピアノが無駄になるのでは?とか

弾けなくなるなら長く続けるべきではないか?など心配していましたが

このピアノがあるおかげで、娘はピアノが好きになりました。

娘の人生の中で、好きなコトがひとつ増えたことが何より宝物です。

もちろん、練習をしない日なんかもありますし、すごく熱心なわけでもありませんが

ピアノを弾きたいときに楽しめる生活が当たり前にあります。

このピアノがここにある以上、ずっとそれはかわりませんから。。

さいごに

4歳の時、不安だらけだったけど、

思い切ってピアノをレンタルから購入してホントに正解でした。

当時は、レンタル料って高いな~なんて正直おもうこともありましたが

長期的に考えてみると、それだけの価値は十分あります。

なんせ、好きなことがすぐできる環境があるって素敵です。

今では、わたしが娘にピアノを教わっていますよ~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする